【企業特集】東洋精器工業 作業者の安心・安全に向け商品開発

2017年07月09日

ゴムタイムス社

東洋精器工業 作業者の安心・安全に向け商品開発

 作業者の安心・安全に向け商品開発

 自動車の足回りサービス機器の製造販売する専門サプライヤーとして全国展開している東洋精器工業(兵庫県宝塚市、阿瀬正浩社長)。2016年創業70周年を迎え、さらなる成長を図る同社に、事業内容や今後の見通しなど上霜和訓取締役第1営業本部長に聞いた。

―事業内容について。

 主にタイヤチェンジャーやホイールバランサー、アライメントテスター、リフトなど足回り関連機器の製造販売をしている。本社をはじめ、全国13カ所に営業所があり、営業担当者は全国で40人ほど。名古屋以東は第1営業部、大阪以西は第2営業部が統括している。主な取引先である国内タイヤメーカーや卸売業者、カーショップなどに向けて、一人ひとりがセールスエンジニアとして販売とメンテナンスサービスの充実を図っている。

―主力の足回り関連機器以外の取扱い商品は。

 ピットで使用するインパクトレンチやエアジャッキなどの付帯器具も扱っており、乗用車用とトラック・バス用の2種を用意している。

 また、作業の安心・安全を商品開発のテーマとし、その一例としてタイヤ空気充てん作業時の事故防止のため、使用環境に合わせて様々な製品を開発・販売をしている。そのひとつが、セーフティケージ。以前はケージに入れずエアー充填作業を行うことが多く、タイヤのバーストによる死亡事故が多発していた。こうした事故を防ぐ対策は各社で行ってきたが、2012年からタイヤ業界全体での取り組みが開始された。当社では、人命に最も影響を及ぼす爆風そのものを防ぐ商品群として「ケージ用爆風保護シート」、出張作業用「セーフティーバッグ」、折畳みが簡単な「折畳み型移動式ケージ」などを提案することで、作業者が安心して安全に作業できる環境づくりに取り組んできた。最近販売を開始したセーフティケージ「ブラインドケージ」は、爆風を防ぐとともにタイヤの状態を外から確認できるようになっている。卸業者やカーショップへ提案をしつつ、今後も作業者の安心・安全に関してハード、ソフト両面から業界への啓発活動を行っていきたい。

上霜部長

上霜部長

―主な仕入れ先は。

 ヨーロッパやアジアのメーカーおよび国内メーカー。当社の

本文:1494文字

【企業特集】東洋精器工業 作業者の安心・安全に向け商品開発

キーワード: ·