ゴムタイムス70周年の画像

17年1~3月のゴム製品 タイヤ伸びず出荷金額は1%減 ベルト・ホースなどは増加

2017年05月24日

ゴムタイムス社

 経済産業省がまとめた1~3月のゴム製品生産・出荷金額によると、出荷金額は5352億7300万円で前年比1・0%減となった。

 品目別で見ると、工業用ゴム製品は生産・金額ともに増加、ゴムベルトとゴムホースは生産減も金額は増加、自動車用タイヤは生産・金額ともに前年実績を下回った。

 自動車用タイヤの1~3月の生産本数は、3562万2000本で同0・7%減となった。内訳はトラック・バス用が251万8000本で同10・8%増、乗用車用が2669万9000本で同2・0%減、小型トラック用は508万1000本で同1・1%増、二輪自動車用が97万8000本で同0・3%減、特殊車両用が34万6816本で同0・9%減となり、トラック・バス用、小型トラック用タイヤが前年同期実績を上回った。

 出荷金額は2612億5500万円で同7・5%減。内訳はトラック・バス用が564億9300万円で同2・3%減、乗用車用は1281億7400万円で同8・3%減、小型トラック用は309億1000万円で同6・1%減などとなっている。

 1~3月の自動車の生産が同6・5%増となり、自動車タイヤの販売も新車用・市販用ともにプラスになったことで、生産は微減に留まった。

 ゴムベルトの1~3月の生産量(新ゴム量)は、5369tで同3・6%減、出荷金額は164億4800万円で同3・6%増となった。

 伝動ベルトとコンベヤベルトの内需が前年実績を上回ったため、金額はプラスになったものの、コンベヤベルト

本文:1219文字

関連キーワード: ·