13年8月のゴム製品生産 自動車用タイヤ好調

2013年10月17日

ゴムタイムス社

 経済産業省がまとめた13年8月のゴム製品生産・出荷金額によると、生産量(新ゴム消費量)は10万3619トン、前年同月比1・3%増となった。出荷金額は1747億2200万円で同0・4%増。生産量は2013年に入ってから初めて増加に転じ、出荷金額は2ヵ月連続で伸びている。これにより、1―8月累計では生産量が92万1205トンで前年同期比4・5%減、出荷金額は1兆4736億2200万円で同4・8%減となっている。
 品目別で見ると、8月の生産および出荷金額では自動車用タイヤは生産、金額とも増加、ゴムホース、ゴムベルト、工業用ゴム製品は生産、金額とも減少となっている。
 自動車用タイヤは生産本数が1162万本で前年同月比2・1%増、出荷金額が980億7000万円で同6・2%増。ゴムベルトは生産量が同7・3%減の2026トン、金額は同13・5%減の56億800万円。ゴムホースは生産量2595トンで同5・3%減、金額は100億200万円で同6・5%減。工業用ゴム製品は生産量1万3147トンで同2・7%減、金額は496億1500万円で同5・7%減という結果となった。

2013年8月ゴム製品生産・出荷金額

関連キーワード:

技術セミナーのご案内

ゴムタイムス主催セミナー