国内は13・0%減、輸出は7・0%増 23年のSM生産出荷

2024年01月29日

ゴムタイムス社

 日本スチレン工業会のまとめによると、スチレンモノマー(SM)の23年の生産は142万7653tで前年同期比7・0%減となった。
 内訳は、内需は110万7277tで同13・0%減となったのに対し、輸出は32万5701tで同7・0%増となった。
 用途別では、主力のPS向け(GP/HI)は54万1643tで同12・0%減となった。また、ABSは19万5176tで同10・0%減、合成ゴムは9万1334tで同24・0%減、EPSは9万2730tで同2・0%減。UPER(不飽和ポリエステル)は3万4152tで同横ばいとなった。[/hidepost]

全文:約263文字

関連キーワード: ·