SBRは1万t増加 20年の合成ゴム生産能力

2021年04月12日

ゴムタイムス社

 経済産業省は、昨年12月末時点の化学メーカー各社の合成ゴム(ソリッド)の生産能力をとりまとめて発表した。

 それによると、JSRは、SBRが年産28万4000t、BRが同7万2000t、IRが同3万3000tで、SBRは前年末に比べ1万t増加、BRは同9000t増加、IRは同9000t減少した。

 日本ゼオンは、SBRが同11万2000t、BRが同5万5000t、IRが同4万tとなり、SBR、BR、IRともに前年と同じ能力だった。

 それ以外のメーカーのについては、旭化成はSBRが同13万t、BRが同3万5000t、

全文:約560文字

関連キーワード: ··

技術セミナーのご案内

ゴムタイムス主催セミナー