技術・品質で勝負するゴムメーカー 東金パッキング 対応力・技術力強みに最適提案 多品種少量・短納期に迅速対応

2021年04月05日

ゴムタイムス社

技術・品質で勝負するゴムメーカー Vol.6

対応力・技術力強みに最適提案
多品種少量・短納期に迅速対応

 東京都内や埼玉県内を中心に、接着や組立てなど「手間がかかる加工」を強みとする東金パッキング(東京都東村山市)。昨年8月社長に就任した横山豊氏(41歳)に東金パッキングの沿革や強み、今後の事業方針などについて聞いた。

 ◆ご自身の経歴についてお聞かせください。
 2001年に入社して以来、営業や製造などを経験し、2016年から営業部長として仕事にあたってきた。その中で、3~4年ほど前に創業者の中川六己現会長から社長就任への打診があり、2018年に常務取締役、昨年8月に社長に就任した。現在は中川会長から会社経営に関し、引き継ぎを行っている最中だ。

 ◆御社の沿革について。
 1978年に中川現会長が当社の前身となる加工販売業を興したのが当社の始まりになる。創業当

本文:359文字

技術・品質で勝負するゴムメーカー 東金パッキング 対応力・技術力強みに最適提案 多品種少量・短納期に迅速対応

キーワード: ·