【新年インタビュー】タイガースポリマー 渡辺健太郎社長

2021年01月12日

ゴムタイムス社
渡辺健太郎社長

渡辺健太郎社長

■ 新年インタビュー

新製品や新市場の開拓めざす

タイガースポリマー 渡辺健太郎社長


 「独自の技術で開発した機能部品を世界の市場に提供する」という方針に基づき、積極的な研究開発投資を行うとともに、グローバルに展開するタイガースポリマー。コロナ対策や海外拠点の現況、来期の見通しなどについて渡辺健太郎社長に語ってもらった。

 ◆20年を振り返って。
 20年度上半期を振り返ると、国内は新型コロナウイルス感染症の影響による景気悪化、海外もコロナ影響によるロックダウン(都市封鎖)や米中貿易摩擦などにより、厳しい経営環境を強いられた。こうした環境下で上半期業績は減収減益となった。20年度の通期業績についても、新型コロナ影響に伴う需要減や得意先の生産調整の影響を受け、売上、利益とも残念ながら下回る見込みとなっている。

 ◆コロナ対策について。
 まず社内にコロナ対策本部を設置し、情報の一元管理を行い対応にあたっている。マスク着用や換気、外出自粛など基本的な感染対策はもちろん、時差出勤の実施や出張の原則禁止などを実施。また、来訪者にも体温測定や入室時の消毒徹底などを行いな

本文:459文字

【新年インタビュー】タイガースポリマー 渡辺健太郎社長

キーワード: ·