20年9月プラスチック原材料輸出 数量・金額ともに減少

2020年11月30日

ゴムタイムス社

 日本プラスチック工業連盟がまとめた9月のプラスチック原材料輸出状況によると、数量は前年同月比0・7%減の37万3398トンで前月の増加から減少に転じた。
 内訳は、熱硬化性樹脂が3万6807トン、熱可塑性樹脂が31万9451トンで、熱硬化性樹脂は前年同月比を下回り、熱可塑性樹脂は前年同月比を上回った。
 主要品目では、アクリル重合体、石油樹脂が前年同月比を上回り、エチレン重合体が3ヵ月連続増加、塩化ビニル重合体が5ヵ月連続増加、プロピレン重合体は6ヵ月連続増加し

全文:約384文字

技術セミナーのご案内

ゴムタイムス主催セミナー