内需・輸出とも2割減 1~9月のゴムベルト生産 

2020年12月03日

ゴムタイムス社

 日本ベルト工業会がこのほど発表した1~9月のゴムベルト・樹脂ベルト生産量(新ゴム量、以下同)をみると、ゴムベルト生産量は合計で1万4670tで前年同期比22%減となった。

 ゴムベルトは、内需の生産量合計は1万1660tで同23%減で、コンベヤが同27%減、伝動ベルトは18%減となった。一方、輸出は3010tで同21%減となり、コンベヤが同27%減、伝動ベルトが同6%減となった。

 品種別に見ると、コンベヤ合計は7684tで同27%減。内需は

全文:約713文字

技術セミナーのご案内

ゴムタイムス主催セミナー