20年7月のカーボンブラック 総出荷は12ヵ月連続で減少

2020年10月06日

ゴムタイムス社

 カーボンブラック協会がまとめた7月のカーボンブラック品種別実績によると、出荷量は3万7313tで前年同月比29・1%減となり、12ヵ月連続で減少となった。

 出荷内容は、ゴム用が3万5350tで同28・9%減、非ゴム用その他が1963tで同33・5%減。また、ゴム用国内では、タイヤ向けが2万7372tで同25・9%減、一般ゴム向けは7410tで同34・2%減となっている。

 生産量は、3万3536tで同33・9%減。ゴム用が3万1947tで同33%減、非ゴム用その他は1589tで同47・7%減だった。在庫量は、6万5431tで同14・9%増、在庫率は175%となっている。

 7月の輸入量は6358tで同51・8%減となり、3ヵ月連続で減少した。輸出量は2443tで同42・4%減となり、17ヵ月連続の減少となった。

7月のカーボンブラック品種別実績

[/hidepost]

全文:約367文字

関連キーワード: ·