20年上期は15%減 世界の新ゴム消費量 IRSG統計

2020年09月25日

ゴムタイムス社

 国際ゴム研究会(IRSG)がまとめた世界の新ゴム消費量によると、2020年上半期(1~6月)は1239万1000tで前年同期比14・6%減となった。首位で消費量の3割を占める中国を始め、2位の米国も2桁減となった。コロナ感染拡大に伴う景気悪化の影響を背景に、各国の新ゴム消費量は大きく落ち込んでいる。

 20年上期の新ゴム消費量を国別(地域を含む。以下同)で見ると、1位の中国は424万9600tで同12・5%減となり、上期ベースでは前年同期の微増から2桁減に転じた。

 中国国家統計局が発表した20年1~3月期の実質GDP成長率

全文:約1399文字

関連キーワード: ·

技術セミナーのご案内

ゴムタイムス主催セミナー