20年7月のゴム製品確報 出荷金額は10ヵ月連続の減少

2020年09月18日

ゴムタイムス社

 経済産業省と日本ゴムホース工業会がまとめた7月のゴム製品生産・出荷金額によると、出荷金額は1525億1989万1000円で前年同月比27・7%減となり、10ヵ月連続で減少した。

 自動車用タイヤの生産本数は993万8000本で前年同月比25・5%減。内訳はトラック・バス用が68万本で同30・3%減、乗用車用は730万6000本で同26・4%減、小型トラック用は161万2000本で同19・4%減、二輪用は25万本で同20・4%減、特殊車両用が8万8825本で同25・7%減となり、全ての用途で前年実績を下回った。

 出荷金額は770億4807万2000円で同31・5%減となり、10ヵ月連続で減少した。内訳はトラック・バス用が152億1118万2000円で37・6%減、乗用車用が371億4779万7000円で同29・4%減などとなり、全ての用途で前年実績を下回った。

 ゴムベルトは生産量が1338t(新ゴム量、以下同)で同20・8%減、出荷金額は43億5725万1000円で同29・7%減。このうち、主力のコンベヤベルトは生産量が858tで同17・9%減、出荷金額は10億146万7000円で同44・4%減だった。

 ゴムホースは生産量2332t(新ゴム量、以下同)で同24・7%減、

全文:約794文字

関連キーワード: ·