ゴムタイムス70周年の画像
ゴム・プラスチック材料の破損・破壊原因の事例と解析法のバナー

18年10月のゴムホース 生産量5・3%増加

2019年01月10日

ゴムタイムス社

 日本ゴムホース工業会がまとめた10月のゴムホース生産実績によると、生産量(新ゴム量)は3585tで前年同期比5・3%増。出荷金額は134億7200万円で同4・0%増となった。

 生産量は24ヵ月連続、出荷金額は4ヵ月連続の増加となった。生産量は品種全てが前年同期を上回り、全体でプラスだった。

 品種別で見ると、自動車用ホースは生産量が2271tで同2・9%増、出荷金額は97億7300万円

本文:約340文字

写真・表・グラフあり

関連キーワード: ·

導電性カーボンブラック(ゴム・プラスチック用)の特徴と活用方法、トラブル対策のバナー
ゴム・プラスチック材料の破損・破壊原因の事例と解析法のバナー
見て触って理解する熱可塑性エラストマーのバナー