ゴムタイムス70周年の画像
よくわかるシリコーンの基礎から応用技術のバナー

17年の合成ゴム生産能力 SBRは減少、BRは前年同一

2018年04月23日

ゴムタイムス社

 経済産業省はこのほど、昨年12月末時点の化学メーカー各社の合成ゴム(ソリッド:SBR、BR、IR)の生産能力をまとめて発表した。

 それによると、JSRはSBRが27万t/年、BRが6万3000t/年、IRが4万1000t/年で、SBRは前年同月末に比べ8000t減少、BRは前年と同じ、IRは同1000t増加した。

 日本ゼオンはSBRが11万2000t/年、BRが5万5000t/年、IRが4万t/年となり、SBR、BR、IRともに前年と同じだった。

 それ以外のメーカーの生産能力には変化がなく、旭化成はSBRが13万t/年、BRが3万5000t/年、宇部興産はBRが12万6000t/年、日本エラストマーはSBRが4万4000t/年、BRが1万6000t/年、三菱化学はSBRが4万2000t/年となっている。

 この結果、国内の合成ゴムの生産能力は、SBRが59万8000t/年で、前年から8000t減少、BRは29万5000t/年で前年と同じ、IRは8万1000t/年で前年に比べ1000tの増加となった。

 なお、この調査では生産能力をより的確に把握する観点から、調査時点で休止し、調査時点以降、1年以内に再稼働する予定がない休止設備は、生産能力から除いて計算している。

2017年12月末現在の合成ゴム各社生産能力

関連キーワード: ·


WP Twitter Auto Publish Powered By : XYZScripts.com