ゴム・樹脂専門の技術ポータルサイト「ポリマーTECH」

高分子材料の劣化破壊の基礎と寿命予測

~材料の破壊現象、高分子の破壊、高分子の耐久性と寿命予測、破壊とその他劣化現象事例、データサイエンス概論~

ゴムタイムス社

受講可能な形式

【リアルタイム視聴】

趣旨

 プラスチックやゴムなどの高分子材料が化学変化で劣化すると仮定し、その寿命予測をT-t線図によるアーレニウス法で行うのが一般的である。また、物理変化を仮定した場合には、過剰変形や高温加熱などの促進試験を行う。さらに、市場での劣化は、化学変化や物理変化が同時に進行すると仮定して、この両者の結果から製品寿命を予測する。ところが、市場で発生する複合変化を実験室で独立した事象として実験している矛盾に気がついていない。このようなアーレニウス法で行われる実験は信頼性に欠ける手法といわざるを得ない。そこで、化学変化も物理変化も加味した独自の寿命予測法をノウハウとして品質評価試験に採用している企業もあるが、それでも品質問題に悩まされるのが実情である。
 本セミナーでは、実際に講師が体験した高級フィルムカメラの裏蓋のクリープ破壊事例はじめ、複数の事例を基に、プラスチックやゴムの劣化や破壊について基礎から説明するとともに、ワイブル統計の活用法についても説明する。
 また、第3次AIブームでデータサイエンスが注目されている状況を鑑み、マテリアルズインフォマティクスの概説も行い、材料の破壊以外の耐久劣化現象についても問題解決するためのヒントを提示し、研究開発から品質管理活動まで活用できる内容で構成している。

<キーワード>
 アーレニウスプロット、時間温度換算則、Griffithの理論、ワイブル統計、データサイエンス、劣化耐久性、クレイズ、延性脆性遷移、弾性・粘性転移、フラクトグラフィー、信頼性工学

受講対象者

(1)高分子材料開発を担当する技術者

(2)高分子材料の品質管理を担当する部門の担当者及び管理者

(3)製品設計を担当する技術者

(注)高分子物性も含む高分子材料の基礎事項も説明しますので高分子の専門知識が無くても役立ちます。

日時 2024年3月27日10:30~16:30
講師 倉地育夫((株)ケンシュー代表、工学博士)
講師略歴

1979年4月ブリヂストンタイヤ株式会社(現(株)ブリヂストン)入社
1983年4月科学技術庁無機材質研究所(現(独)物質材料研究機構)留学
有機無機ハイブリッド前駆体による半導体用高純度βSiCを発明(学位論文)。
((株)ブリヂストンは本技術で2007年日本化学会化学技術賞受賞)
1991年10月コニカ株式会社入社(2011年3月11日早期退職制度にて退職)
2011年 株式会社ケンシュー設立
その他として2000年日本化学工業協会技術特別賞、2004年写真学会ゼラチン賞等受賞
福井大学工学部客員教授、日本化学会産学交流委員会シンポジウム分科会委員長、同春季
年会講演賞審査委員長、高分子同友会開発部会世話人等歴任

受講料 45000円/1人(税別)
会場 WEBセミナー(ZOOM)
主催会社 ゴムタイムス社
配布方法 PDFのテキストで配布 ※本セミナー資料の無断転載、二次利用、講義の録音・録画などの行為を固く禁じます。
お申込み このセミナーに申込む

プログラム

1.材料の破壊現象
 1.1.「破壊」について
 1.2.材料力学と破壊力学
 1.3.Griffithの理論
 1.4.線形破壊力学の要点
 1.5.フラクトグラフィー
 1.6.ワイブル統計
 1.7.事例:セラミックスの破壊


2.高分子の破壊
 2.1.高分子概論
 2.2.ゴムと樹脂の破壊力学の現状
  2.2.1.クレイズ
  2.2.2.延性脆性遷移
  2.2.3.弾性・粘性転移現象
 2.3.高分子の劣化機構
  2.3.1.化学劣化
  2.3.2.物理劣化
  2.3.3.ポリ乳酸その他の事例
 2.4.ケミカルアタック


3.高分子の耐久性と寿命予測
 3.1.劣化・耐久性と寿命予測概論
 3.2.アーレニウス式による寿命予測法
 3.3.重回帰式を用いる簡便法
 3.4.ラーソン・ミラー型寿命予測法
 3.5.時間温度換算則


4.破壊とその他劣化現象事例
 4.1.免振ゴムの品質保証
 4.2.高級カメラの破壊
 4.3.ゴムローラの初期故障
 4.4.自動車用燃料ポンプの故障
 4.5.信頼性工学


5.データサイエンス概論
 5.1.マテリアルズインフォマティクス
 5.2.データサイエンスを用いた解析事例
 5.3.タグチメソッド


6.まとめ
 開発設計段階から品質管理活動までどのように進めるか

注意事項

セミナーの録画・撮影・テキストの複製は固くお断り致します。本セミナーはビデオ会議ツール「Zoom」を使ったライブ配信対応セミナーとなります。

Zoom(ズーム)のやり方などでお困りの方は、セミナー当日までに設定や使い方をご指導致します。

技術セミナーのご案内

ゴムタイムス主催セミナー