ゴム・樹脂専門の技術ポータルサイト「ポリマーTECH」

【WEBセミナー】基礎から学ぶ粘着剤と最適設計および粘着技術の最新動向

粘着メカニズムの解析と粘着製品への応用事例を解説

ゴムタイムス社

趣旨

本セミナーでは、粘着剤の基礎と最適設計に起因するレオロジー、表面自由エネルギー、ポリマーブレンドの相溶性をキーワードに講義させていただきます。また、ポリマーブレンドによる粘着物性をコントロールする事例として、ゴム系粘着剤、アクリル系粘着剤/フッ素樹脂ポリマーブレンド(傾斜ドメイン構造)、応用製品として半導体製造プロセスに使用されるUV硬化型粘着剤での取り組みを詳述させていただきます。更に、粘着テープで発生するトラブル(粘着力の低下、劣化、寿命)について、先端解析技術も含め解説させていただきます。最後にSDGs、カーボンニュートラルを配慮するための粘着技術の現状と将来トレンド動向を紹介いたします。

受講対象者

粘着剤、粘着テープを製造しているメーカー、および粘着製品のユーザーであるインフラ、ライフサイエンス、自動車、エレクトロニクスを含む産業分野における技術者、研究開発者

WEBセミナー

・本セミナーはビデオ会議ツール「Zoom」を使ったライブ配信対応セミナーとなります。
・お申込み受理のご連絡メールに接続テスト用のURLが記されております。
・「Zoom」のインストールができるか、接続できるか等をご確認下さい。
・申し込みをして頂いた方に後日、別途視聴用のURLをメールにてご連絡申し上げます。
・セミナー開催日時に、視聴サイトにログインしていただきご視聴ください。
・開催日時にリアルタイムで講師へのご質問も可能です。

【注意事項】
※セミナー資料は事前にお申し込み時のご住所へ発送させて頂きます。ただし、開催まで4営業日を過ぎたお申込みの場合、セミナー資料の到着が開講日に間に合わない可能性がありますこと、ご了承下さい。Zoom(ズーム)のやり方などでお困りの方は、セミナー当日までに設定や使い方をご指導致します。また、事前にテスト配信を行いますので、安心して当日のセミナーを受けることができます。

日時 2022年10月28日10:30~16:30
地域 WEB限定セミナー
講師 加納 義久(古河電気工業(株) サステナブルテクノロジー研究所 フェロー)
講師略歴

1998年古河電気工業(株)に入社し、粘接着製品やポリマー加工製品の開発に従事、ナノテクセンター長、解析技術センター長を経て、2015年より、フェローとして、新規テーマ創出、若手育成を担当。受賞歴:日本接着学会の進歩賞、論文賞(2回)、技術賞、功績賞。

受講料 45000円/1人(税別)
主催会社 ゴムタイムス社
お申込み このセミナーに申込む

プログラム

1.粘着の基礎
2.粘着剤の最適設計に起因する各種パラメータ
2-1 結合過程のパラメータ(表面自由エネルギー)
2-2 解結合過程のパラメータ(レオロジー)
3.ポリマーブレンドの相溶性と粘着
3-1 ポリブタジエン/粘着付与剤系
3-2 アクリル系ポリマー/フッ素系ポリマーブレンドに発現する傾斜ドメイン構造
3-3 アクリル系ポリマー/フッ素系ポリマーブレンドにおける粘着性制御
3-4 半導体製造プロセス用UV硬化型粘着剤
4.先端解析技術によるトラブル対策(粘着力の低下、劣化、寿命)
5.SDGs、カーボンニュートラルを配慮した粘着技術の将来トレンド

関連キーワード:

技術セミナーのご案内

ゴムタイムス主催セミナー