ゴム・樹脂専門の技術ポータルサイト「ポリマーTECH」

プラスチック射出成形の基礎がわかる速習セミナー

~プラスチック材料から金型構造、射出成形を解説~

ゴムタイムス社

趣旨

 「プラスチック」は我々の周りのあらゆる生活シーンに溶け込んでいます。プラスチックのモノづくりに必要なキーワードは「小型」「薄型」「軽量」「省電力」「高度な機能・性能」「低コスト」に加えて、「地球環境」「喜び・感動」も重要度が増しています。よって「素材」「加工法」の観点からプラスチックを十分理解し、最大限に活かすことが大切です。

 本セミナーでは、プラスチックを活用するための3本柱「プラスチック材料」「金型」「射出成形」の基礎を解説します。また、技術の進歩は早く、市場の技術動向を知ることも大切です。国際プラスチック博覧会で入手の成形サンプルや動画、技術トレンドも解説します。

 モノづくりには多くの人が携わっており、一人ひとりがしっかりと役割を果たし、今日の高い品質と信頼を実現しています。その根底には揺るぎない基礎があるのです。

 プラスチックに携わる皆様に、本セミナーがお役に立てれば幸です。

日時 2020年6月5日10:30~16:30
地域 東京都
会場 森下文化文化センター3F 第3研修室 会場地図
講師 伊藤英樹(技術士、伊藤英樹技術士事務所 所長)
講師略歴

1986年 東京理科大学 理学部 物理学科卒業
1986年 アルプス電気(株)入社(新製品の企画・開発・設計・海外量産)
1996年 技術士(応用理学部門)文部科学省登録
2009年 伊藤英樹技術士事務所 設立
著書:「新人製品設計者と学ぶ プラスチック金型の基礎」(日刊工業新聞社)など
連載:「プラスチック製品ものづくり生産工程の理解を深める『スムースな
ものづくりのヒント』」(日本金型工業会)など

受講料 45000円/1人(税別)
主催会社 ゴムタイムス社
お申込み このセミナーに申込む

受講対象者

◎プラスチック製品設計、開発・研究の担当者
◎プラスチックの知識を必要とする営業・販売、資材・購買、品質管理などの担当者
◎プラスチック金型、成形加工、製造などの担当者
◎他素材の分野からプラスチックに携わることとなった担当者
など

プログラム

1.プラスチック製品とモノづくり概要
  1)プラスチック特性の何が活かされているのか
  2)企画・設計から試作・量産までの工程の流れ

2.プラスチック材料
  1)プラスチックとは(樹脂、高分子)
  2)熱への反応の違い(熱可塑性・熱硬化性)
  3)熱可塑性樹脂の特性(結晶性・非結晶性、成形収縮率)
  4)性能を向上させる方法(ポリマーアロイ、繊維強化、添加剤)
  5)物性の観点(物理的、機械的、熱的、電気的、化学的、成形加工的)
  6)種類の観点(汎用性プラ、エンプラ、熱硬化性、エラストマー、生分解性プラ)
  7)選び方(製品の制約、加工や組立の制約)

3.金型
  1)金型の構造(2プレート/3プレート、モールドベース、金型分解写真、
ホットランナー金型)
  2)金型の機能
    ①流す(スプルー、ランナー、ゲート、キャビティ)
    ②形を作る(アンダーカット形状の金型方案、傾斜ピン、スライドコア、無理抜き)
    ③固める(金型温調、冷却設計)
    ④取り出す(エジェクターピン、離型時の留意点)
    ⑤エアー排出(エアーベント、関連する成形不良)

4.射出成形
  1)成形機の構造(射出装置、型締装置)
  2)成形機の機能(平均樹脂圧力、投影面積、型開力、型締力)
  3)成形サイクル(サイクルタイム、成形品仕様と冷却時間)
  4)保圧(ゲートシール、成形条件と不良)
  5)成形不良(バリ、ヒケ、変形、銀条、ウェルドライン、焼け、フローマーク、
ジェッティング)

5.◎サンプルを多く展示・解説いたします! 手に取って見て触れて理解できます!
  1)国際プラスチック博覧会で入手した成形サンプル
  2)代表的な成形不良の成形サンプル