ゴム・樹脂専門の技術ポータルサイト「ポリマーTECH」

【WEBセミナー】ゴム・プラスチック混練技術の実践的考え方

~配合設計技術とトラブル対策~

ゴムタイムス社

趣旨

 ゴム/樹脂材料の配合技術は多方面で活用されているにもかかわらず、高分子物性がプロセシングの影響を大きく受けるために科学として扱いにくい分野である。しかし、この20年間にポリマーアロイの先駆者ウトラッキーの発明によるEFMや演者によるカオス混合装置の開発、ラムスタットミキサーなどプロセシングに関する新技術が生まれており、地味ではあるがプロセシング技術の進歩が知られている。

 本セミナーでは、防振ゴムや電子機器部材用樹脂混練技術の開発経験から得られた知識を基に、配合設計技術の視点でプロセシングを捉えた「実戦的な考え方」について事例をもとにわかりやすく解説する。

 本セミナーでは材料メーカーだけでなく、川下に位置する成形メーカー技術者や最終製品の組立技術者が日々品質設計で困っている問題について取り組むときのヒントも得られるようプログラムに工夫している。また、高分子材料の基礎事項についても説明し、専門外の技術者でも全体の理解が得られるように配慮している。

受講対象者

◎ゴム・樹脂製品の開発・製造に携わっている技術者・管理職
◎ゴム・樹脂の特性を活かした配合処方を提供・提案されている配合技術者
◎ゴム・樹脂およびフィラーや配合試薬を扱う商社の担当者・幹部

WEBセミナー

・本セミナーはビデオ会議ツール「Zoom」を使ったライブ配信対応セミナーとなります。
・お申込み受理のご連絡メールに接続テスト用のURLが記されております。
・「Zoom」のインストールができるか、接続できるか等をご確認下さい。
・申し込みをして頂いた方に後日、別途視聴用のURLをメールにてご連絡申し上げます。
・セミナー開催日時に、視聴サイトにログインしていただきご視聴ください。
・ 開催日時にリアルタイムで講師へのご質問も可能です。

【注意事項】
※セミナー資料は事前にお申し込み時のご住所へ発送させて頂きます。ただし、開催まで4営業日を過ぎたお申込みの場合、 セミナー資料の到着が開講日に間に合わない可能性がありますこと、ご了承下さい。Zoom(ズーム)のやり方などでお困りの方は、セミナー当日までに設定や使い方をご指導致します。 また、事前にテスト配信を行いますので、安心して当日のセミナーを受けることができます。

日時 2020年9月11日10:30~16:30
地域 WEBセミナー
会場 森下文化センター3F 第3研修室 会場地図
講師 倉地育夫氏((株)ケンシュー代表、工学博士)
講師略歴
受講料 45000円/1人(税別)
主催会社 ゴムタイムス社
お申込み このセミナーに申込む

プログラム

1.高分子材料のツボ
2.材料設計とプロセシング概論
3.素材から部材のパラダイムシフトと材料設計技術の変化
4.高分子材料の混練プロセス
5.トラブル対策の事例
6.マテリアルズインフォマティクス

※当日と若干セミナー内容が変更する場合がありますこと、ご了承ください。