ゴム・樹脂専門の技術ポータルサイト「ポリマーTECH」

【WEBセミナー】基礎から学ぶ高分子材料の難燃化技術

~難燃化・不燃化の機構、配合技術、用途動向~

ゴムタイムス社

趣旨

 高分子材料は、機能性多様化の特徴を生かし、日常生活や産業の様々な分野でエネルギー、環境対応材料として開発が進められ、用途が広がっている。高分子材料を無機・セラミックス材料や金属材料と比較した場合の唯一と言っても過言でない欠点は、燃えやすいことである。従って用途展開を図るうえで、難燃化や不燃化は必須の技術となる。

 本セミナーでは、難燃化による高分子材料高機能化の要素技術として、難燃機構、難燃剤の種類と用途、不燃化機構、環境・難燃規制、評価方法について解説する。

 また、用途技術の最新動向について、建材、車両、家電、エネルギー(電池)を例に解説する。

受講対象者

 難燃化機能を有する高分子材料の開発・製造や研究企画に従事する新人や若手技術者、高分子材料商品開発に従事する若手技術者を対象とする。

WEBセミナー

・本セミナーはビデオ会議ツール「Zoom」を使ったライブ配信対応セミナーとなります。
・お申込み受理のご連絡メールに接続テスト用のURLが記されております。
・「Zoom」のインストールができるか、接続できるか等をご確認下さい。
・申し込みをして頂いた方に後日、別途視聴用のURLをメールにてご連絡申し上げます。
・セミナー開催日時に、視聴サイトにログインしていただきご視聴ください。
・開催日時にリアルタイムで講師へのご質問も可能です。

【注意事項】
※セミナー資料は事前にお申し込み時のご住所へ発送させて頂きます。ただし、開催まで4営業日を過ぎたお申込みの場合、セミナー資料の到着が開講日に間に合わない可能性がありますこと、ご了承下さい。Zoom(ズーム)のやり方などでお困りの方は、セミナー当日までに設定や使い方をご指導致します。また、事前にテスト配信を行いますので、安心して当日のセミナーを受けることができます。

日時 2022年2月10日10:30~16:30
地域 WEB限定セミナー
講師 武安 弘光(技術士:化学部門) 一般社団法人技術知財経営支援センター理事 東京工芸大学工学部非常勤講師 日本技術士会、中小企業支援グループ正会員 日本技術士会、知財コンサルテイングセンター理事 【専門】 高分子材料化学、環境化学、知的財産経営
講師略歴

 前職AGC株式会社では、高分子材料の配合技術・成型技術開発に従事。自動車部品メーカー、家電メーカー等向けにウレタン等の配合技術を開発し納入。

 2016年技術コンサルタントとして開業。企業や大学向け技術・知財コンサルテイングや経営支援、セミナー講師を勤める

受講料 45000円/1人(税別)
主催会社 ゴムタイムス社
お申込み このセミナーに申込む

プログラム

1.高分子材料難燃および不燃化の基礎
1-1難燃機構
1-2 難燃材料の種類と役割
1-2-1ハロゲン系
1-2-2リン系
1-2-3無機系
1-2-4その他(炭素系、ホウ素系)
1-3難燃性高分子材料(PVC,PC)

2.評価方法
2-1 CCM
2-2OI(酸素指数)
2-3FMVSS  
2-4UL

3.難燃規制と環境対応
3-1RoHS,WEEE,Reach,EPEAT
3-2J-Moss,JIG

4.用途技術の最新動向
4-1建材 課題と技術動向(省エネ、環境対応)
4-2車両 課題と技術動向(軽量化、環境対応)
4-3家電 課題と技術動向(リサイクル、環境・安全対応)
4-4エネルギー:電池 課題と技術動向(性能向上、安全対応)

関連キーワード:

技術セミナーのご案内

ゴムタイムス主催セミナー