ブリヂストン  米工場でトラック・バス用タイヤの生産能力を増強

2011年09月26日

ゴムタイムス社

  テネシー州ナッシュビル発(2011年9月22日) ブリヂストン アメリカス タイヤ オペレーションズは、テネシー州にあるウォーレン工場のトラック・バス用ラジアルタイヤ(「TBR」)の生産能力を増強することを決定した。

 総投資額は約3,660万USドル(約31億円)で、2013年下期に工場の生産能力を日産約900本増強し、日産約9,000本体制とする予定。 ウォーレン工場は1990年に操業を開始した、主に北米向けTBRを生産する工場。北米で堅調に伸長するTBR需要に対応するためには、さらなる能力の増強が必要と判断し、今回の決定に至った。
 ウォーレン工場概要
 所在地=テネシー州ウォーレン郡
 生産品目=トラック・バス用ラジアルタイヤ
 敷地面積=約18万6千m2
 操業開始=1990年
 従業員数=約1,070名(2011年8月末現在)
 生産能力=約8,100本/日(2011年8月末現在)

関連キーワード: ··