三ツ星ベルト 第23回ミュージックサロンを開催

2016年3月22日

ゴムタイムス社

 第23回三ツ星ベルトミュージックサロンが3月17日、東京・赤坂のサントリーホール「ブルーローズ」で開催された。主催は、社員のボランティアや寄付により運営される三ツ星ベルトふれあい協議会。

 ミュージックサロンは、同社の「人を想い、地球を想う」という基本理念のもと、阪神淡路大震災から復興までの経験を生かし、地域の人々との心のふれあいを大切にしたいという想い、また神戸だけでなく東京地区でも役立てる場を持ちたいとの想いから開催されているもの。今回が23回目の開催で、才能ある若手演奏家らに一流コンサートホールでの演奏機会を提供しながら、入場無料で楽しめる演奏会として、音楽ファンや関係者に喜ばれている。

 幕開けとして、司会進行を務める三ツ星ベルト東京本社の谷本今日子さんが、ピアノで「星に願いを」の演奏を披露し、続いて谷本さんによる同会の趣旨説明が行われた後、東日本大震災から5年目にあたることから、被災して亡くなった人々への冥福を祈念し、来場者全員で黙とうを捧げた。

 第1部はヴァイオリンによる演奏で、吉田南さんがR・シュトラウス「ヴァイオリンソナタ」より第1楽章を、島方瞭さんがワックスマン「カルメンファンタジー」をそれぞれ披露した後、メインの

全文:約742文字