東洋ゴム 香取健一元社長が死去

2011年09月14日

ゴムタイムス社

  東洋ゴム㈱の元社長香取健一氏(かとりけんいち)が8月25日午前1時28分、脳幹梗塞のため死去した。享年83歳。東京都出身。
葬儀・告別式は近親者のみで執り行われた。喪主は長男の伸一さん。お別れの会を行うが日取りなどの詳細は未定。
故人は昭和2年10月3日生まれ。東京都出身。昭和28年3月東京商科大学卒業、同月同社入社。昭和56年2月参与直需本部長・直需部長、昭和60年2月常務取締役 直需本部・海外営業本部担当、平成元年6月取締役社長(代表取締役)、平成4年6月取締役社長(代表取締役)タイヤ事業本部長事務取扱、平成5年6月取締役会長(代表取締役)、平成6年6月相談役、平成11年6月特別顧問、平成20年1月社友。
 賞罰 平成4年11月藍綬褒章受章(産業振興功績)、平成12年11月勲三等旭日中授章(産業功労)。

関連キーワード: