三ツ星ベルト 10月25日に港区でミュージックサロン開催

2011年09月22日

ゴムタイムス社

  三ツ星ベルト㈱の同社従業員でつくる「三ツ星ベルトふれあい協議会」は10月25日午後1時から、港区のサント リーホール「ブルーローズ」(小ホール)で、ミュージックサロンを開催する。
  今回で14回目になり、開演前に同社で集めた寄付金を日本ユニセフ協会に贈呈する。入場は無料。
 同協議会は同社の従業員らが「人を想(おも)い、地球を想う」の理念のもと、地域活性化のために組織し、市民に音楽を楽しんでもらおうと、ミュージックサロンなどの活動をしている。
 当日の内容は午後1時半から寄付金の贈呈式。午後2時10分開演で、第1部のピアノ・ソロは、桐朋学園大4年の宮崎翔太さんが「ノクターン第2番 作品9―2」(ショパン)などを演奏。
 第2部はトリオで、いずれも桐朋学園大を卒業した中澤沙央里さん(バイオリン)、伊藤七生さん(チェロ)、谷本 今日子さん(ピアノ)の3人が、スペイン作品165より第2番「タンゴ」(アルベニス)などを披露する。