【ゴムロール特集】 明和ゴム工業、高機能フィルム向け堅調

2013年12月16日

ゴムタイムス社

マイクロ溝「シワ取りロール」など

 明和ゴム工業は市場ニーズを先取りした独自技術による環境対応商品を相次ぎ市場に投入しているが、フィルム分野でのシワ取り効果を有する特殊ロール「コンポジヘリカル/マイクロ溝加工」が注目を集めている。
 同社では新たな材質開発や生産技術の革新に取り組み、ロール表面にマイクロレベルの微細・精密な溝加工を有するシワ抑制ロールを開発した。
 このゴムロールはマイクロ溝にWヘリカル、斜め溝から構成されており、従来の溝加工で問題になった溝跡の転写模様が生じず、蛇行防止・グリップ力の向上など様々な効果が期待できるとしている。シワ伸ばし効果があることから、とくに極薄物フィルムや低張力での運転状態で効果を発揮する。溝幅が50~300μmと狭いためフィルムが溝に落ち込まず溝跡の転写が発生しないのが特長。マイクロ溝が空気抜き効果を発揮するためロールとフィルムの間に空気が入り込むことでフィルムが浮上して搬送速度が上げられない箇所に最適としている。斜め溝のゴムが外側に向かって倒れることでウェブのシワを伸ばす効果が得られる。

全文:約860文字

関連キーワード: