早川ゴムが携帯電話に本格採用

2013年12月16日

ゴムタイムス社

レーザー接合用両面テープ

 工業用ゴム製品メーカーの早川ゴムは、先に開発したレーザー接合用両面粘着テープ「サンタックLBシート」が国内大手スマートフォンメーカーに今冬から本格採用されたと発表した。
 同製品はポリエチレンテレフタレート(PET)の基材を粘着層となるエラストマー樹脂で挟み込んだ両面テープ。被着体にレーザーを照射し接着面を発熱させることで、粘着層が溶融し均一な接着面を形成、レーザー照射後は瞬時に固まり強い接着力を発揮する。接着後は再度レーザーを照射することで簡単に剥離できリワークが可能なのが大きな特長。従来の発泡基材を使った防水タイプと比較してほぼ2倍の接着強度を保つ。
 スマートフォンでは狭額縁モデルの要求が強く、従来品では幅1・0㎜が限界であったが、半分の0・5㎜で同等の性能発揮が可能となった。

全文:約660文字

関連キーワード: