第45回管工機材・設備総合展が開催

2013年08月05日

ゴムタイムス社

 第45回管工機材・設備総合展が7月31日から8月2日の3日間、東京・有明の東京ビッグサイトで開催された。
 同展は、管工機材および関連設備機器の普及・宣伝などが目的。今回は161の企業・団体が出展した。ゴム関連企業は次の通り。
◆アキレス
 トイレ接続用「AKシリーズ」や洗濯機防水パン接続用「ASシリーズ」など多様な排水用フレキシブルジョイントを展示。いずれも特殊軟質塩ビ系樹脂や特殊ブレンドゴムを使用し、耐久性、耐薬品性に優れている。
◆ブリヂストン
 ポリブデンパイプとワンタッチ継手を使用した配管システム「プッシュマスター」を紹介。ポリブデンパイプは巻き癖がなく、継手は樹脂製なので軽量・衛生的で施工しやすいのが特長。
◆ユーシー産業
 地震に強い配管「エバフリーシリーズ」の中から、埋設用のCFP型を紹介。戸建住宅用に従来品に比べ300ミリ全長を短くした、近日発売予定の「CFP‐75S」などを展示していた。
◆TOZEN
 新開発の「サイレントコネクタ」、スプリング防振材「JSシリーズ」などを出展。サイレントコネクタは、圧力脈動による振動吸収・騒音低減を図るとともに、機械振動・変位を吸収する。
◆富士ゴム化成
 熱可塑性エラストマーを素材とした内面フラットな「SF‐JOINT」とワンタッチ取り付けを可能にした「カニロック」などを紹介。SF‐JOINTは優れた可とう性に加え、補強リングを装着し常に円形を保持。
◆フジトク
 炭素鋼・ステンレス鋼を使用した加圧管継手の中から多様な製品を展示。豊富な品ぞろえに加え、納入スピードの速さなど同社のモノづくりの姿勢を積極的にアピール。

関連キーワード: