ブリヂストン 新型軽にタイヤ装着

2013年06月06日

ゴムタイムス社

 ブリヂストンは6日、同日発売の軽自動車、日産自動車 新型「DAYZ」「DAYZハイウェイスター」、三菱自動車工業 新型「eKワゴン」「eKカスタム」に新車装着用タイヤとして、「ECOPIA EP150」の納入を開始したと発表した。
 今回の新型軽自動車は、両社の合弁会社であるNMKVで企画・開発した、これまでとは異なる新しいアプローチにより生まれた車。
 同社の低燃費タイヤ「ECOPIA」は、安全性能や操縦性能などタイヤに求められる諸性能を高次元で維持しながら転がり抵抗低減を実現したタイヤブランド。「ECOPIA」は1991年の電気自動車用タイヤへの装着をきっかけに、現在では、さまざまな車種に向けた商品ラインアップを取り揃えており、国内だけではなく、海外でも高く評価されている。
「ECOPIA EP150」は、同社の材料技術である「ナノプロ・テック」を適用したゴムなどを採用することにより、安全性能や操縦性能を維持しながら転がり抵抗の低減を追求している。
 装着タイヤサイズは155/65R14 75S、165/55R15 75V。
 新型「DAYZ」は日産が企画から関った初の軽自動車であり、新開発の3気筒エンジンと副変速機付CVT、軽量ボディによって軽ハイトワゴンナンバー1の低燃費29・2km/Lを実現している。日産は究極のエコカー「ゼロ・エミッション」とエンジン進化型エコカー「PURE DRIVE」を二本柱としたCO2排出量の削減に取り組んでいるが、新型「DAYZ」も「PURE DRIVE」の1モデルとなる。
 また、新型「eKワゴン」「eKカスタム」は、今の時代に求められる「いい軽」(eK=excellent K―car)を追求し、「軽自動車の枠を超える上質感」「快適空間と運転のしやすさ」「クラストップの低燃費29・2km/L」を高いレベルで実現したトールワゴンタイプの新型軽自動車。
 同社は今後も「ECOPIA」ブランドの更なる品揃え充実やグローバル展開、新車装着への拡大を積極的に進めていくとしている。