横浜ゴム 岩手県で植樹会を開催

2013年05月24日

ゴムタイムス社

 横浜ゴムは24日、東日本大震災の被災地である岩手県上閉伊郡大槌町の復興を支援するため、5月18日に「平成の杜」植樹会を開催したと発表した。
 当日は大槌町の住民160名を含めた553名が参加し、土地本来の常緑広葉樹の苗木およそ5000本を植樹した。会には碇川豊大槌町長、協賛企業の人員、植物生態学者の宮脇昭氏、元F1ドライバーの片山右京氏などが参加したほか、同社からは南雲忠信会長兼CEO、野地彦旬社長ほか従業員ボランティア54名を含む245名が参加した。
 大槌町は復興計画のひとつに「いのちを守る森の防潮堤」づくりを掲げている。同社はこの活動に賛同し、2012年4月30日にそのモデルケースとなる「千年の杜」植樹会を実施しており、今回は2期目の植樹となる。
 1期目に植樹した50メートルのマウンドの隣に新たに長さ250メートルの植樹マウンドを建設し、今回はその内50メートルに植樹を行った。毎年50メートルずつ植樹していく計画で、横浜ゴム創業100周年の2017年度に300メートルまで延長する。なお、このモデルケースの杜は、平成に起きた大震災を決して忘れないものとするため、「千年の杜」から「平成の杜」に改名された。
 今回の「平成の杜」づくりの最大の特長は、植樹マウンドに震災で発生した木質系がれき(建材は使わず自然木限定)や土砂、コンクリート片などの土系不燃がれきを表土以外の部分で活用している点。こうした震災がれきの利用は、がれき処理のコスト削減や焼却処理によるCO2発生を抑制できるだけでなく、苗木の発育促進にも効果がある。同社では、今後の「いのちを守る森の防潮堤」づくりに繋げるため、第1期植樹場所で定期的に測定・調査を行い、震災がれき活用による効果を定量的に把握する活動を継続している。
 同社グループは2007年から従業員が中心となって作る森づくり「YOKOHAMA千年の杜」プロジェクトを進めている。「いのちを守る森の防潮堤」は同プロジェクトの植樹指導を行う宮脇昭氏(植物生態学者/横浜国立大学名誉教授)が提唱しており、東北地方の太平洋沿岸およそ300キロメートルに津波の被害を軽減できる「本物の森」をつくることを計画している。また、宮脇氏は震災がれきを植樹マウンドとして有効利用することを提言している。

関連キーワード: