日本ゴム工業会 平成25年度事業計画

2013年05月13日

ゴムタイムス社

日本ゴム工業会 平成25年度事業計画

調査事業など継続実施へ

 《要旨》
 基本的には、従来からの事業を中心に実施する。なお、現在正副会長会議で一般社団法人への 移行も視野に入れて組織、事業内容などについて見直しを行っているが、当年度以降、具体的な提案を行っていく予定であり、これを踏まえて適宜対応していく。
 《主要部門の実施計画》
 ◇総務関係
 会員企業の経営分析指数調査(第47回)を継続実施する。また、明年度の税制改正に関する会 員企業の要望事項をとりまとめ、各関係先に具申、要望等する。
 ◇物流関係
 当年度は引き続き「物流分野における環境対策・コスト改善策・品質管理活動」をテーマに取り上げて調査研究を行うとともに、物流委員により、当面する物流事情に関する情報・意見交換および勉強会を実施する。
 ◇労務関係
 ①厚生労働省、経団連、ゴム連合などとの連絡折衝に努めるとともに、労働情勢の推移および労働行政の動きに伴って提起される諸問題について、調査審議と連絡広報にあたる。
 ②労務委員により定例の学卒者の初任給および実労働時間のほか、当面する実務上の諸課題に ついて、その都度調査審議し、その結果を必要に応じて会員企業へ参考紹介する。
 ③上記のほか、会員企業における春季労使交渉、賞与・一時金交渉の情報交換の取り次ぎにあ たるとともに定例調査(雇用状況、福利厚生費、役職者の給与、給与体系)を継続実施する。

 

全文:約2963文字