【ゴム薬品特集】 テクノプレニードヒダ ゴム薬品「プレニード」が堅調推移

2013年04月25日

ゴムタイムス社

ゴム薬品「プレニード」が堅調推移 多様なニーズに対応可能

 ㈱テクノプレニードヒダ(岐阜県加茂郡川辺町、肥田彰吾社長)は工業用ゴム製品製造、ゴム練生地の加工、販売をはじめ、ゴム薬品 「プレニード」の製造、販売等で展開をしている。
 最近では、昨年の7月に精練工場を新設した。新工場は「生産ショールーム」「新材料素材開発工場」というコンセプトを基に、クリーンな環境と作業者に配慮した空調管理システム、ゴム薬品に対する品質のこだわりを具現化するために建設された。
 「ものづくりの基本として、5Sを確実に実行できる環境体制が整った。工場の稼働率は昨年末は厳しい状態だったが、今年に入ってから100%フル稼働状態が続いている。新工場はメイドインジャパンというこだわりをもって、クオリティの高い製品をさらにクオリティを高めるために、建設した」(肥田社長)。
 今回の工場新設で、国内の2工場、中国の上海工場で生産拠点は4拠点となる。