ゴムタイムス70周年の画像

櫻護謨 13年3月期第3四半期決算 営業益7・1%減

2013年02月15日

ゴムタイムス社

 櫻護謨の2013年3月期第3四半期連結決算は、売上高61億8100万円、前年同期比6・8%減、営業利益5億3700万円、同0%、経常利益5億4600万円、同7 ・1%増の減収増益となった。四半期純利益は3億3900万円、同13・4%増となった。 消防・防災事業は前年度は1次から4次にわたる補正予算の執行があったが、今年度においては1次の補正予算も執行されていないことから、売上高は31億2800万円(前年同期比16・1%減)、セグメント利益(営業利益)は1億5800万円(前年同期比28・1%減)となった。
 航空・宇宙部門では、災害派遣の作業用防護衣などの販売減はあったものの、在来機の交換部品やC―2機、P―1機の部品や同エンジン部品などが増加したことにより売上高は20億1600万円となった。 工業用品部門では、タンクシール及び輸出用発電機の絶縁ホースなどの販売が増加し売上高は6億8900万円となった。 その結果、航空・宇宙、工業用品事業の売上高は27億600万円(前年同期比 5・2%増)、セグメント利益(営業利益)は4億2100万円(前年同期比8・1%増)となった。
 不動産賃貸事業は、新商業施設の管理業務を受託したことにより売上高は3億4700万円(前年同期比4・5%増)、セグメント利益(営業利益)は1億3200万円(前年同期比13・7%増)となった。

また、通期見通しを営業益47・5%増の59億円、経常益を65・7%増の58億円に上方修正した。

関連キーワード: