タイガースポリマー 第3四半期連結決算 自動車部品回復で増収

2013年02月18日

ゴムタイムス社

 タイガースポリマーの2013年第3四半期連結決算は、売上高213億7400万円、前年同期比8・0%増、営業利益5億6300万円、同3・8%減、経常利益6億8700万円、同15・5%増となった。四半期純利益は5億4500万円で同74・0%増。
 セグメント別の売上高は、国内では産業用ホース及びゴムシートは東日本大震災直後の復旧需要の反動により減少したが、家電用ホースが新規受注等により増加したほか、自動車部品が東日本大震災による落ち込みから大幅に回復した。この結果、売上高は136億1400万円、同2・0%増、営業利益は増収の影響により4億600万円、同460・8%増と大幅に増加した。
 米州では産業用ホース、自動車部品ともに増加し、売上高は59億5900万円、同32・7%増、営業利益は原材料価格の高騰や労務費の増加等の利益圧迫要因があり、1億2500万円、同46・6%減。
 東南アジアは、マレーシアは主要取引先向けの家電用ホースが減少、タイは洪水による生産停止とその後の立ち上げに伴う追加費用の発生等により収益が悪化した。この結果、売上高は14億3400万円、同6・9%減、営業損失は1億6700万円の減収減益となった。
 中国では自動車部品が東日本大震災による落ち込みから回復し、家電用ホースも好調に推移した結果、売上高は17億4000万円、同25・3%増、営業利益は増収の影響により、1億1800万円、同145・1%増となった。
 通期の連結業績予想は、売上高は282億円、前期比4・0%増、営業利益7億円、同14・6%減、経常利益8億5000万円、同5・1%減、当期純利益6億5000万円、同49・9%増を見込んでいる。

関連キーワード: ·