日本ゴム履物協会 新年賀詞交歓会を開催

2013年02月04日

ゴムタイムス社

 日本ゴム履物協会は1月25日、東京・千代田区のホテルニューオータニ(ボードルーム)で新年賀詞交歓会を開催した。
 猪山渡会長(㈱ムーンスター代表取締役社長)は「長いデフレが続き、なかなか良い話が聞けなかったが、政権交代などによって売れる市況になることは、我々のように消費財を扱う会社にとっては歓迎すべきだ。中国の旧正月が迫っている。会員各社も先手を打つものの、先は読みにくい状況だ。今年は巳年なので皆さんにとって実のある年になるようにお祈り申し上げる」とあいさつした。
 続いて、経済産業省製造産業局紙業服飾品課の坂本課長が「会員の皆様は行政の力を借りずに立派に活動し、この厳しい状況を生き抜いている。業界も巳年にちなんでいい年になるようにと思う」来賓あいさつを述べた。
 田中顧問は「人間は足元が満たされると満足する。立派な靴で世の中を満足させてたい」と述べ、乾杯の発声を行った。