ゴムタイムス70周年の画像

横浜ゴム マツダ新型デミオにOE 低燃費性能を追求

2011年08月23日

ゴムタイムス社
ASPEC A349 BluEarth

ASPEC A349 BluEarth

  横浜ゴムは22日、マツダ㈱のコンパクトカー「新型デミオ」の新車装着用として、同社の「BluEarth」コンセプトに基づいて開発したOEタイヤ「ASPEC A349 BluEarth」の納入を開始したと発表した。

 同製品は「BluEarth」の基盤設計や材料配合の技術を投入し、優れた低燃費性能をはじめ、走行性能や安全性能、快適性を高いレベルで追求した。タイヤサイドには「BluEarth」のコンセプトマークが刻印されている。

 同社の「BluEarth」は「環境、そして人や社会にやさしいタイヤ」をテーマとして世界中で展開するグローバルコンセプト。環境性能の向上に加え、ドライバーや同乗者、周辺生活環境への負荷低減(やさしさ)性能を実現するため、様々な新技術を開発し商品に採用している。

 一方、マツダの新型デミオは走りの楽しさを進化させるとともに、快適な乗り心地を追及して開発。また新開発エンジン「SKYACTIV(スカイアクティブ)」を初めて搭載した新モデルを新たにラインアップ。同モデルは気持ちの良い走りと30.0km/L(10・15モード燃費)、25・0km/L(JC08モード燃費)の卓越した低燃費性能を両立している。

 装着サイズは175/65R14 82Sで、装着車両は2011年6月30日から販売されている。