【ホース特集】 プラス・テク 原料から一貫生産体制 エアーホース順調推移

2012年11月05日

ゴムタイムス社

原料から一貫生産体制 エアーホース順調推移

プラス・テク

 プラス・テク㈱は、生活用品から自動車部品まで幅広い分野で使用されるプラスチック原料(コンパウンド)を製造販売し、家庭用から農・工業用の各種プラスチックホースも販売しており、原材料のコンパウンドから最終製品まで一貫生産する強みを持つ。
 生産品の塩ビホースは、用途別では散水・ガーデン用、農業噴霧器用、一般給排水(工場、土木用、農業用、家庭用)、灌漑用、高圧機器用など幅広く、関連商品として止水板の販売も行っている。
 本年上期(4―9月)の業況については、用途別において多少の凸凹がみられたが、ホース全体では計画対比では前年実績を下回ったという。販売の内訳はブレードホースが約25%、エアーホースが約20%を占め、この2品目でほぼ半数を占める。
 東北地域を中心とした復興需要が仮設住宅関連需要で伸びているが、止水板は公共投資抑制を背景に工事物件の減少、縮小化などにより低迷傾向にあるという。
 しかしながら、高圧用エアーホースは順調な販売を続けている。「住宅分野において、従来は職人は金槌を使って釘打ちされていたが、近年はエアーを利用して高圧のもとで一気に打ち込む使い方が増えており、復興関連を含めて、この分野の高圧用のエアーホースが順調に推移している。今後も期待できる」(同社)としている。
 同社の用途別樹脂ホースは、多種の製品を用意、ニーズに幅広く対応している。
 エアーホースでは、工作機械、木工、建築分野専用の「テクノフレックス」がある。同製品は軽量・柔軟性があり、カラーはオレンジ。「エアーフレンド」は耐候性および耐久性に優れ、屋外でも長期間の使用が可能。エアー工具用で、カラーはブルー。
 サクション・ダクトホースでは、デリバリー、サクションの両用途に適する「サクションホースFW型」がある。柔軟・軽量(FF比)で操作性に優れる。「サクションホースCT型」は、FW型に比べ屈曲性に優れる。透明でホース内の流体物を確認できる。「サクションホースFF型」は受注生産品。土木工業用の肉厚タイプ(FW比)で、デリバリー、サクションの療養に適する。同製品も透明タイプでホース内の流体物を確認できる。「耐油用サクションホースFF型」は軽油・重油・マシン油などの輸送用に適する。カラーは黒。「エクレマーサクションFW型」は、特殊樹脂の採用で静電気帯電を防止する。作業者の静電気による被害やICなどの誤作動を防ぐ。また、搬送物の目詰まりや付着を防止し、精密計量機器用途に適する。
 耐圧ホースでは「テクノブレード」がある。これは柔軟・軽量でゴムライクなしなやかな感触で、配管作業も楽に行える。繊維補強のブレード使用により、優れた耐圧性能を発揮する。「テトロンブレード」は透明で流体物の確認ができ、繊維補強のブレード使用で優れた耐圧性を示す。

(2012年11月15日紙面掲載)