【ホース特集】 ブリヂストン 中国でホース生産を開始

2012年11月02日

ゴムタイムス社

中国でホース生産を開始 今後は補修市場向けにも注力

ブリヂストン

  ㈱ブリヂストンは、油圧ホース用口金具の製造およびホースのアセンブリを行っている常州普利司通流体技術有限公司(CBF)で、油圧ホース本体の生産工場を建設していたが、工場が竣工し、計画通り本年10月より生産を開始する。新工場のホース生産能力は月産43万㍍。
 「現在、中国での建機生産は前年に対し大幅に減少し、回復は多少遅れることが予想されるが、中長期では市場の拡大が見込めるため、計画通りに生産を開始する」(同社)とする。
 同社は油圧ホース・編上ホース・樹脂ホースを生産販売しているが、本年上期は油圧ホースは国内外ともに順調に推移、編上ホースは自動車生産が順調に推移したことで需要が増加した。樹脂ホースは前年上期をやや下回る状況で推移した。
 油圧ホースの事業戦略は、これまで新車向けを中心に展開してきたため、補修市場向けの事業拡大が課題になる。今後は新車用と補修用とのバランスをとりながら、補修市場向けの事業強化を図っていく。そのためには、ホース単体として販売を拡大するのではなく、顧客の困りごとを解決するソリューションプロバイダーとしてのビジネスモデルを構築していく。また、事業拡大を図るためには販売チャネルの再構築も視野に入れる考えだ。
 下期の事業展開については、生産を開始する中国の新拠点を軌道に乗せつつ、前述の事業戦略を推進していく。

(2012年10月22日紙面掲載)

「パステージライン」シリーズ

「パステージライン」シリーズ