ゴムタイムス70周年の画像

住友ゴム 国際福祉機器展ブースに在宅用スロープを出展

2012年09月13日

ゴムタイムス社

 住友ゴム工業は12日、同社グループの産業品販売会社であるダンロップホームプロダクツが、26日から28日まで東京ビッグサイトで開催される「第39回国際福祉機器展 H・C・R・2012」に在宅用スロープ「ダンスロープライトスリム」を出展すると発表した。ブースは6ホール、通路18、7(6‐18‐7)。

 「ダンスロープライトスリム」は、同社従来品ダンスロープライトと比較して4cmのスリム化と15%の軽量化を実現した。製品幅がスリムになったことにより、対応可能な間口が大幅に増え、より多くのユーザーが利用できるようになった。また、軽くて強度のあるカーボンファイバーを使用しており、電動車いすでの使用も可能。さらに製品のエッジを高くすることで、脱輪の危険性も低減した。
 同製品は車いす用可搬形スロープで初めてJIS認証を取得しており、より安心して使うことができるとしている。