東洋ゴム 「第32回ロッテルダム・マラソン」に協賛

2012年03月08日

ゴムタイムス社

 東洋ゴム工業㈱(中倉健二 社長)のオランダにおけるトーヨータイヤ販売子会社であるToyo Tire Benelux B.V.(トーヨータイヤ ベネルクス ビーヴィ Eric van den Hauwe社長)は、「第32回ロッテルダム・マラソン」にオフィシャルスポンサーの1社として協賛することを発表した。
 
 ロッテルダム・マラソンは1981年から開催されているマラソン大会であり、今年で32回目を迎える。その平坦なコースと毎年4月開催というマラソンにとって理想的な気象状況から、ベルリンマラソンとともに世界屈指の高速コースとして知られており、世界新記録を狙うモーゼス・モソップ選手(ケニア)など数多くの世界的トップランナーの参加が予定されている。世界新記録を狙うスーパーアスリートが参加するクラスのほか、12歳以下の子供向けコースなど5つのコースに分かれ、毎年2万人以上の市民ランナーが参加する。また応援する観衆もオランダ全土はもとより欧州各地から毎年約90万人が訪れるなどオランダ最大級のスポーツイベントのひとつとなっている。

 Toyo Tire Benelux B.V.は、地域密着のサポートを行なうため、当日のマラソンコース沿いに「Toyo Tires Performance Point」と名付けた販促ブースを設置する。ブースでは欧州で人気の高いフラッグシップ・タイヤである「PROXES T1 Sport(プロクセス ティーワン スポーツ)」や「PROXES C1S(プロクセス シーワンエス)」などを中心としたラインアップもあわせて多くの来場者に紹介する。