ゴム・樹脂ロール特集 明和ゴム工業 金属系ロールの新調案件が好調 印刷用では資材関係の売り込みを加速

2022年06月21日

ゴムタイムス社

 明和ゴム工業(東京都大田区、坪井栄一郎社長)の22年9月期上期(21年10~22年3月)業績は前年同期比でほぼ横ばいで進捗している。

 業種別に見ると、印刷用は、グラビア印刷やUV印刷の需要は落ち込みもなく安定して推移した。UV印刷用では、ゴムロールの「UVゼスト」と樹脂ロールの「UVサミット」をラインナップしているが、ユーザーの使用条件に応じてゴム・樹脂の素材を提案。「ユーザーにとっては購入の選択肢が広がることから、安定した注文をいただいている」(同社)とした。一方、チラシなど

 

全文:約1017文字

技術セミナーのご案内

ゴムタイムス主催セミナー