【ゴム技術WEBセミナー】12月9日 高分子材料の難燃化技術と配合設計

2020年10月22日

ゴムタイムス社

 弊社ゴムタイムス社は、2020年12月9日金曜日10時30分~16時30分まで、「高分子材料の難燃化技術と配合設計」と題して技術セミナーを開催いたします。

 

◆趣旨

 1970年から1980年代にかけて高分子材料の難燃化技術が大きく進歩し、最近ではノンハロゲンによる難燃化技術など環境対応技術も開発されつつある。現在知られている方法を用いれば、大抵の高分子材料を難燃化可能である。但し高分子材料に求められる他の機能を犠牲にしない、という条件がつくと途端に問題が難しくなる。

 本講座ではそのような問題解決に取り組む技術者に高分子の難燃化技術について実務に必要な基礎的知識を講義するとともにゴムや樹脂の配合設計手法及び混練プロセスと難燃化技術について解説する。

 

【WEBセミナー】
・本セミナーはビデオ会議ツール「Zoom」を使ったライブ配信対応セミナーとなります。
・お申込み受理のご連絡メールに接続テスト用のURLが記されております。
・「Zoom」のインストールができるか、接続できるか等をご確認下さい。
・申し込みをして頂いた方に後日、別途視聴用のURLをメールにてご連絡申し上げます。
・セミナー開催日時に、視聴サイトにログインしていただきご視聴ください。
・開催日時にリアルタイムで講師へのご質問も可能です。

【注意事項】
※セミナー資料は事前にお申し込み時のご住所へ発送させて頂きます。ただし、開催まで4営業日を過ぎたお申込みの場合、セミナー資料の到着が開講日に間に合わない可能性がありますこと、ご了承下さい。Zoom(ズーム)のやり方などでお困りの方は、セミナー当日までに設定や使い方をご指導致します。また、事前にテスト配信を行いますので、安心して当日のセミナーを受けることができます。

 

◆講師

倉地育夫((株)ケンシュー代表、工学博士)

 

◆受講料

45000円/1人(税別)

 

◆受講対象者

◎実務でゴム・樹脂を扱う技術者(化学系以外でも役立ちます)

 

◆当日のプログラム

1.高分子の難燃化技術概論
1.1 歴史から見た高分子の難燃化技術
1.2. 特許から見た高分子の難燃化技術
1.3. 化学物質の規制から見た難燃化技術
2.高分子の燃焼と難燃剤の作用機構
2.1. 高分子の燃焼
a.高分子の基礎事項
b.高分子の構造と燃焼
2.2. 高分子の難燃化手法と難燃剤の作用機構
a.炭化促進型難燃化手法
b.溶融型難燃化手法
c.臭素系難燃剤について
3.高分子の難燃性評価技術
3.1. 主な燃焼試験法とその特徴
a.酸素指数測定装置
b.UL燃焼試験
c.コーンカロリメーター
3.2. その他の評価法
4.高分子の配合設計とプロセシング
4.1. ゴム・樹脂の配合設計の実際
a.伝統的配合設計
b.情報化時代の配合設計
マテリアルインフォマティクス
多変量解析、シミュレーション(OCTAなど)、タグチメソッド
4.2. 高分子のプロセシング概論
4.3. 混練プロセスと難燃化技術
a.混練技術概論
b. 二軸混練機について
c.カオス混合技術
5.まとめ

 

◆お申し込み・お問い合わせ

TEL 03-3861-3021

お申込みはこちら

関連キーワード: ·

技術セミナーのご案内

ゴムタイムス主催セミナー