【ゴム技術セミナー】4月17日開催 ゴム薬品の配合技術を理解する耐老化性向上のポイント

2020年01月27日

ゴムタイムス社

 2020年4月17日10時30分~16時30分まで、亀戸文化センター6F 第3研修室(東京都江東区亀戸2丁目19の1 カメリアプラザ内)で「ゴム薬品の配合技術を理解する耐老化性向上のポイント~有機ゴム薬品の活用方法から安全・衛生性における法規制対応まで~」と題して技術セミナーを開催いたします。

◆趣旨
 本セミナーでは、有機ゴム薬品によるゴム加硫物の耐老化性の向上、有機ゴム薬品の安全・衛生性と関連法規制および法規制対応の配合処方について紹介します。
 領域を超えて多種類のゴムの活用が求められる現在、主要加硫処方のセミナーを聴講することで、日々の配合研究はもとより応用研究の一助にもなると考えております。
 ゴム及びゴム製品の製造・開発に携われている技術者はもとより、ゴムの特性を活かした配合処方を提供されている原料ゴムメーカーの配合技術者、幅広い知識で提案型営業を目指されている商社の方々など、ゴム製品にかかわる多くの方々に有益な情報を提供します。

◆講師
太智重光(ゴム薬品コンサルタント(元、大内新興化学工業(株))

講師略歴:
1973年 京都工芸繊維大学大学院工業化学科修士課程修了
1973年 大内新興化学工業(株)に入社。 
中央研究所次長、生産部長、取締役生産管理部長、中国合弁会社董事副総経理(兼任)、顧問を経て、2015年退職
在職中はゴム薬品の開発・製造に従事し、退職後はゴム薬品コンサルタントとしてゴム薬品・配合処方の指導・普及活動を実施中

◆受講料
 45000円/1人(税別)

◆当日のプログラム
1.加硫用薬剤による耐老化性の向上
2.老化防止剤による耐老化性の向上
3.オゾン劣化防止剤による耐老化性の向上
4.ゴム薬品の安全・衛生性と関連法規制
5.各種法規制代替品の実力特集
6.質疑応答

◆お申し込み・お問い合わせ
TEL 03-3861-3021

関連キーワード: ··