ゴムタイムスバックナンバー

2010年 1月1日号 NO.3167


1面
環境対応製品で国内需要を喚起 新興国需要の増加で海外生産が拡大 
新春インタビュー目次

2面
ブリヂストン 変化をチャンスと捉え 環境商品事業を拡大 新たな事業基盤築き飛躍
横浜ゴム 中国、新興国での需要増に 綿密・フレキシブルに対応 ロシアでシェアNO1を確保へ

3面
住友ゴム工業 為替の変動リスクを低減 生産拠点の海外シフトを加速 「環境タイヤ」開発に注力
東洋ゴム工業 海外での生産能力増強 構造改革進め利益体質強化 4月から「新中計11」スタート

4面 
国内タイヤ需要予測を発表 JATMA メーカー出荷 1億1千485万本強で横ばい
日本ゼオン 「S―SBR」で新拠点 シンガポールに建設 13年から生産
鬼怒川ゴム 中国で自動車部品生産 蕪湖市に製造子会社を設立
昭和電工 川崎に新設備を建設 機能性モノマー事業を強化
2011年にあたって 年頭所感 創意工夫で技術磨く 変化に迅速かつ柔軟対応
中国に新生産拠点設立 藤倉ゴム 産業用ゴム製品を生産

5面 
JSR JUMP2010総仕上げ 環境配慮の商品・素材を開発 3ヵ年の新中計、新年度から始動
東海ゴム工業 グローバル拡販、新規事業を創出 事業構造改革を推進 収益体質を更に強化
鬼怒川ゴム工業 「キヌガワ」ブランド確立へ メキシコ工場、ハブ拠点に 人材育成図りグローバル展開

6面
バンドー化学 中計「DM―2」を推進  「環境・省エネ・クリーン」 海外事業拡大が基本戦略
三ツ星ベルト 仕様統合、生産性向上で 仕様統合、生産性向上で 強固な経営基盤を確立
ニッタ 「11年は反転攻勢の年」 10年度通期、業績上乗せ目指す

7面
インドネシア子会社を設立 拡大目指す東アジア生産拠点に カワタ 新海外戦略を発表 5年後、内外売上げ50対50に
旭化成ケミ BRSBR 合成ゴムを値上げ 5日出荷からキロ20〜30円
横浜ゴム 太陽光発電 導入 平塚の研究開発センターに
「GT―Eco Stage」発売 エコ・トクタイヤ グッドイヤー 低燃費性能と長持ち性能をより進化 国産初のラべリングタイヤ適合
和歌山工場に導入 バンドー化学 太陽光発電システム
CSR表彰式を開催 住友ゴム 職場、個人対象に実施
ブリヂストン タイヤ販売体制再編で一部変更
グローバルTQM BSが第1回大会開く 強固な品質経営体制目指す
営業・東京営業分室 狭山本社工場に移転入間川ゴム

8面
ニチリン 新中計が着実に進展 グローバル化が加速 ベトナム工場が本格稼働
オカモト 表皮材の米国工場稼動へ フィルム技術活用し商品開発 海外拠点の稼動率高め、安定化図る
ムーンスター 国内販売網を拡充へ 「バネのチカラ」シリーズ拡充 米国ではCM展開で子ども分野強化

9面
タイガースポリマー 海外子会社がV字回復 中国・広州工場の能力増強 「市場開発室」を設置
十川ゴム 市場成長考慮し積極投資 環境対応新製品に注力 本部組織を強化 変化に迅速対応
東拓工業 工業用ホースの需要回復 顧客志向の営業を強化

10面
フォルボ・ジークリング・ジャパン 中重量搬送用途で新商品 グループが持つリソースを有効活用 食品・紙工分野で積極拡販
クラレプラスチックス 「新事業開発室」を設置 コンパウンド事業が拡大 空調ダクトも堅調推移
ハバジット日本 中期5カ年計画がスタート 食品、紙加工分野に注力 「工場まるごとハバジット」を加速

11面
藤倉ゴム工業 国内生産体制を再編 創業110周年で社名変更 本年のスローガンは「開眼の年」
弘進ゴム 工業用品 需要増大でフル生産 シューズ 安定供給維持に注力 11年2月から平均15%値上げ
クレハエラストマー 生産性向上で能力増強 環境対応製品拡販に注力 収益構造確立で攻めの年

12面
日本ゴム産業労働組合連合 良好な労使関係で成果 組合活動の活性化を推進 課題整理し産業政策にも取り組み
東部ゴム商組 情報提供活動に注力 組合員の事業参加率が向上 研修事業など充実化図り機能強化へ
西部ゴム商組 「次世代経営者の会」スタート 組合活動の活性化を推進 総務委員会に広報部会を設置

13面
朝日ラバー ASA COLOR LEDを標準化 ASA COLOR LEDを標準化 成長戦略を積極推進
早川ゴム 「改修」「環境」「海外」に注力 中期計画で売上高100億目指す
小里機材 新技術・開発製品を促進 中国子会社の立て直し急務 グローバル売上高75億目指す

14面
創立40周年迎えた合成ゴム工業会 更なる飛躍期し記念式典 安定供給維持に注力
高付加価値ビジネスを 川上景一審議官
ゴム産業発展に連携強化 西河紀男副会長
省エネタイヤ等で環境に貢献 古河直純会長 創立40周年あいさつ
40年の歩み

15面
統計

16面
初春 知楽遊学 エッセー ガヤ・サイエンツァ
『直近の海外免震事情』 東北大学 原子分子材料科学高等研究機構 教授 西 敏夫
「チョコレート」 日本免震構造協会 専務理事 可児 長英