アグリビジネス

一覧に戻る

【JATMA】

パンク修理・空気充てんの適正作業を訴求


 日本自動車タイヤ協会(中倉健二社長)はこのほどタイヤ安全ニュースNO71「タイヤのパンク修理、空気充てん時の事故にご注意!」(ポスター)を作成、会員タイヤメーカーの系列販売会社を通じタイヤ販売店、タイヤ専業店,その他に配布する。

 このポスターはタイヤのパンク修理作業とそれに伴う空気充てん作業には充分な注意と確実な作業が必要なため、注意点などをまとめ、適正作業を訴求するもの。
 タイヤ内面及び外面の点検厳守では@引きずり痕が確認されたタイヤは,絶対に再使用しないA引きずり痕が確認できないタイヤは、必ず使用者からパンク状態での走行期間・距離を確認し、再使用の可否を判断するーなどが明示されている。
 空気充てん作業時の遵守事項では、@特別教育の受講A安全囲い等飛来防止器具の使用Bエアコンプレッサーの圧力調整弁の調整等ーをまとめ適正作業を訴求する。

(2010.10.05)