ゴム・樹脂・セミナー

ゴム・樹脂専門の技術ポータルサイト

UV硬化樹脂設計の基礎と硬化不良対策【大阪講座】

ゴムタイムス社

趣旨

 UV硬化樹脂は、UV照射によりごく短時間でインキ、コーティング、接着剤等の各種用途に適した硬化物を得ることができ汎用性が高い材料である。一方、汎用性が高い材料であるがゆえに、理想的な硬化条件から外れた使われ方をすることも多く、実際の製造プロセスにおいて、さまざまな要因により所望の性能が得られないケースがある。本講演では、UV硬化樹脂の分類、代表的なトラブル事例とその対策について述べる。

日時 2016年09月06日10:30~16:30
地域 大阪府
会場 ドーンセンター 4F 中会議室3 会場地図
講師 東亞合成(株) 名古屋工場 生産技術グループ 佐内 康之 氏
受講料 49,980円(税込)
主催会社 R&D支援センター
お申込み

プログラム

1.UV硬化樹脂の種類と特徴
  1-1 はじめに
  1-2 ラジカル重合用モノマー・オリゴマー
  1-3 カチオン重合用モノマー
  1-4 ラジカル重合用開始剤
  1-5 カチオン重合用開始剤
  1-6 硬化用光源
2.トラブル事例と対策
  2-1 硬化不良
   2-1-1 表面硬化性を向上させるためには
   2-1-2 内部硬化性を向上させるためには
   2-1-3 表面硬化性と内部硬化性の両立
   2-1-4 光源の種類と硬化性
   2-1-5 カチオン重合の硬化不良対策
  2-2 着色や濁り
   2-2-1 着色や濁りの原因
   2-2-2 モノマー・オリゴマーの影響
   2-2-3 光開始剤による影響
   2-2-4 重合禁止剤・酸化防止剤による影響
   2-2-5 その他の添加剤の影響
   2-2-6 UV光源・硬化プロセス・使用条件の影響

ゴムセミナーの開催情報をお届け
メルマガ登録はこちらこら!