ゴム・樹脂・セミナー

ゴム・樹脂専門の技術ポータルサイト

PVC(塩化ビニル樹脂)の基礎と物性・耐久性向上と高靱性化技術、自動車・建材等の用途例、国内外の法規制・需要動向

ゴムタイムス社

趣旨

日時 2016年08月02日13:20~16:20
地域 東京都
会場 東京中央区立産業会館 4F 集会室【東京・中央区】 会場地図
講師 第1部 塩ビ工業・環境協会 環境広報部部長 農学博士 小坂田史雄 氏 、  第2部 大洋塩ビ(株) 四日市工場 技術サービスグループ リーダー
受講料 29,160円(税込、テキスト費用を含む)
主催会社 AndTech
お申込み

プログラム

第1部 PVCの基礎と新用途分野、需要動向、国内外規制動向、リサイクル等の取り組み
【13:20-14:50】

講師:塩ビ工業・環境協会 環境広報部部長 農学博士 小坂田史雄 氏

【ご経歴】
1987年 筑波大学博士課程農学研究科修了後、同年、現株式会社カネカ入社。医薬品や生分解性プラスチックの開発研究等を経て2010年カネカより日本化学工業協会出向、2011年 塩ビ工業・環境協会出向、現在に至る。

【キーワード】
1. 塩ビ製品
2. 塩ビの環境問題
3. PVC Design Award

【講演主旨】
塩化ビニル樹脂は、パイプや電線などのインフラ用途、樹脂窓や壁紙などの建材関連から医療器、バッグ、玩具、農業用資材など生活基盤材料として60年に渡って長く広く使用されている。長寿命でありリサイクル性の良さ、樹脂窓の高断熱性能から省エネな樹脂としても認知されている。途中生じた環境問題がほぼ払拭され、再度塩ビを使用する動きもある。ここでは、塩ビ樹脂の特徴を説明し、塩ビ産業として、その製品群や新しい用途分野、需要動向、国内外の環境問題の現状、リサイクルなどの取り組み状況について広く紹介する。

【プログラム】

1.PVCの製品群と特性
 1-1 PVCの名称
 1-2 PVC製品
 1-3 PVCの特性

2.PVC産業の現状
 2-1 PVC樹脂の需要動向
 2-2 PVC産業の新たな展開
 2-3 可塑剤、安定剤動向

3.PVCの環境・安全問題の過去と現状
 3-1 ダイオキシン問題
 3-2 可塑剤の環境ホルモン問題
 3-3 PVC産業における規制動向

4.PVCのリサイクル
 4-1 廃PVC製品のリサイクルの流れ、方法、製品
 4-2 業界の取り組み、リサイクル支援制度

5.PVC業界の取り組み
 5-1 PVC Design Award
 5-2 エコプロダクツ展
 5-3 次世代対応

6.おわりに

【質疑応答 名刺交換】




第2部 PVC(塩化ビニル樹脂)の構造と物性、高耐久化技術、今後の展開
【15:00-16:15】

講師:大洋塩ビ(株) 四日市工場 技術サービスグループ リーダー

【講演主旨】
懸濁重合で得られるPVCの構造は階層的粒子構造からなり、又、特異な結晶構造を有することから、他の汎用樹脂と異なる物性発現、成形加工性の特異性を有する。PVCの特異的な構造の特徴を紹介すると共に、それに伴う物性発現、加工性への影響を説明し、主要用途である建材用途等で求められる強靱化技術を紹介する。

1.懸濁重合で得られるPVCの構造の特徴
 1-1 分子構造及び結晶構造
 1-2 粒子構造

2.PVCの成形加工性の特徴
 2-1 ゲル化とは?
 2-2 混練条件による高次構造及び成形加工性への影響
 2-3 可塑剤によるPVCの可塑化機構

3.PVCの物性発現の特徴
 3-1 硬質製品における高靱性化
 3-2 軟質製品における耐久性
 
4.応用例
 4-1 建材
  4-1-1 樹脂サッシ
  4-1-2 雨どい
  4-1-3 床材
  4-1-4 壁紙等内装フィルム)
 4-2 自動車用部品
  4-2-1 ワイヤーハーネス
  4-2-2 内装材

5.まとめ

【質疑応答 名刺交換】

ゴムセミナーの開催情報をお届け
メルマガ登録はこちらこら!