ゴム・樹脂専門の技術ポータルサイト

第39回サタデーセミナー(2/6)

自動車用ゴム材料と熱劣化寿命予測

ゴムタイムス社

趣旨

自動車用ゴム部品の開発は機能向上、信頼性向上、コスト、環境を考えた四重苦を克服する開発が必要であり、この克服を達成してこそ技術開発の進化と言える。本講演では、タイヤ以外の自動車用ゴム材料を、自動車用ゴム部品全般と、種々の自動車環境から生じた材料課題を考慮して行う材料選定技術および配合手法に分けて解説し、さらにゴム材料の劣化評価技術と熱劣化寿命推定手法も説明する。自動車用ゴム材料の研究開発、生産技術、品質管理をご専門にする方々の参考にして頂けると期待する。

日時 2017年12月02日13:00~18:00
地域 東京都
会場 電子会館 4階会議室 大阪市北区西天満6-8-7 会場地図
講師 AKM(エー・ケー・エム) 代表代理 明間 照夫 氏
受講料 75,600円(計6回分.年間資料費;消費税を含む)
主催会社 日本ゴム協会
お申込み

プログラム

13時~17時(講演) 

17時~18時(質疑及び懇談)

関連キーワード:


WP Twitter Auto Publish Powered By : XYZScripts.com