ゴム・樹脂・セミナー

ゴム・樹脂専門の技術ポータルサイト

ゴム・高分子材料の摩擦・摩耗試験方法とその評価・国際動向

用途と試験方法の相関、解析結果、また試験実施の注意点とそのポイント

ゴムタイムス社

趣旨

★試験方法について述べ、これらの試験で得たデータベースで、どういう用途でどういう試験方法が有効かの相関、解析結果、また試験実施の注意点についても述べる!
★ゴムの製品別の摩耗評価、摩擦評価の実態、高分子材料の摩耗評価、摩擦評価について述べ、ISO国際会議に毎年出席している講師の知見より、世界的な摩耗試験、摩擦試験の最近の動向を述べる!

日時 2017年05月26日13:30~16:30
地域 東京都
会場 高砂ビル 2F CMC+AndTech FORUM セミナールーム【東京・千代田区】 会場地図
講師 三和テクノ(株) 顧問 流通科学大学非常勤講師 博士(工学) 和田 法明 氏
受講料 【1名の場合】27,000円(税込、テキスト費用を含む) 【2名の場合】32,400円(税込、テキスト費用を含む) 【3名以上の場合は一名につき、5,400円加算】(税込、テキスト費用を含む)
主催会社 AndTech
お申込み

プログラム

1. ゴム・高分子材料の摩耗
  1-1 ゴム・高分子材料の摩耗形態の分類
  1-2 ゴム・高分子材料の摩耗メカニズム 1-3  ゴムの摩耗試験法の分類
  1-4  ゴムの各種摩耗試験法 1-5 高分子材料の各種摩耗試験方法
 2. ゴム・高分子材料の摩擦
  2-1 ゴム・高分子材料の摩擦方法の分類
  2-2 ゴム・高分子材料の摩擦のメカニズム
  2-3 ゴム・高分子材料の摩擦試験法 2-4 ゴムの摩擦評価の実際
  2-5 高分子材料の摩擦評価の実際
 3. ゴム製品の摩擦・摩耗とトピックス
  3-1 タイヤの摩擦の評価    3-2 コンベヤベルトの摩擦・摩耗
  3-3 伝動ベルトの摩擦・摩耗  3-4 ゴムローラの摩擦の評価
 4.ゴムの摩耗試験、摩擦試験の最近の動向
  4-1 摩耗試験の動向 4-2 摩擦試験の動向
【質疑応答 名刺交換】

ゴムセミナーの開催情報をお届け
メルマガ登録はこちらこら!