ゴム・樹脂・セミナー

ゴム・樹脂専門の技術ポータルサイト

カーボンナノチューブ(CNT)の分散と評価および樹脂・ゴム複合材料への応用

ゴムタイムス社

趣旨

カーボンナノチューブは近年、複数の企業において量産化がなされ、扱いやすい材料になってきています。特に、ゴムや樹脂との複合材料が今後のカーボンナノチューブ産業の担い手になっていくと予想されています。本講座では、カーボンナノチューブ開発の肝となる分散、複合化の手法および複合材料の特性とその応用について説明を行います。

日時 2017年03月30日12:30~16:30
地域 東京都
会場 商工情報センター(カメリアプラザ) 9F 会議室 会場地図
講師 国立研究開発法人産業技術総合研究所 ナノチューブ実用化研究センター 博士(工学) 阿多誠介氏
受講料 非会員: 49,980円(税込)、会員: 47,250円(税込)、学校関係者: 10,800円(税込)
主催会社 R&D支援センター
お申込み

プログラム

1.カーボンナノチューブとは何か?
  1-1 カーボンナノチューブの基礎物性
  1-2 現状におけるカーボンナノチューブ産業と各社の特長
2.分散と評価
  2-1 カーボンナノチューブ分散のポイント
  2-2 カーボンナノチューブ分散評価 
  2-3 新しい評価技術の紹介
3.複合材料の特長
  3-1 ゴム複合材料の製造法と特長、応用
  3-2 樹脂複合材料の製造法と特長、応用
  3-3 他のフィラーとのハイブリッド
  3-4 今後のカーボンナノチューブ産業のトレンド予想
  3-5 まとめ