ゴムタイムス70周年の画像

ベント式射出装置の開発 株式会社松田製作所 佐藤節男

2019年04月15日

ゴムタイムス社


ポリマーTECH Vol.1(35-39ページ)より
特集1 押出成形・射出成形技術の最新動向 ベント式射出装置の開発 株式会社松田製作所 佐藤節男

1 はじめに
 当社ではベント技術をゴム用射出成形機の重要な要素技術の一つとして捉えており、社内評価機による基礎試験の実施および顧客納入後の運用状況の把握などにより多くの技術的データを蓄積し技術向上に取り組んできた。
現在までに多くの顧客に第一世代のベント式射出装置を搭載した射出成形機をご採用いただき、様々なご要望が得られた。
今回、それらのご要望を実現した第二世代の新たなベント式射出装置を開発したので以下に紹介する。

2 ベント式射出装置とは
 ゴムを射出成形する場合に様々な要因によりゴム材料中にガスが混入する恐れがある。ゴムリボンの状態ですでにガスが混入していたり、射出成形機内に投入する際に材料口からゴムリボンと一緒に大気が混入

本文:約4685文字

関連キーワード:

ゴム薬品活用ハンドブックバナー