岐路に立つISO規格 有効活用を目指し改定へ

 ISOが大きく変わろうとしている。品質マネジメント規格のISO9001、環境マネジメント規格のISO14001は、取引先の要請などから急速に普及したものの、事業活動とのかい離が指摘され、近年は漸減傾向にある。大規模な改定が近いISOと、企業の取組みの現状を調べてみた。

 ISOは国際標準化機構が決めた国際的な規格であり、ISO9001は、品質マネジメント規格で、組織が適切な品質・サービスを確立して文書化し、実施・維持するプロセスを持っていることを、第三者的に認証する規格だ。
 一方、ISO14001は、環境マネジメント規格で、組織が「PDCAサイクル(①方針・計画、②実施、③点検、④是正・見直し)」に基づき、継続的な環境維持に貢献可能であることを、第三者的に認証する規格である。
 公益財団法人日本適合性認定協会(JAB)によると、日本国内でのISOの取得件数は、ISO9001が約4万9000件、ISO14001は約2万6000件(2014年3月末現在)となっているが、近年は減少傾向にある。

 弊紙でゴム関連企業を対象にISO規格への取組みについてアンケートを実施したところ、品質管理体制の整備が進み、社員の認識が向上したとする一方、改善事項が減ったことでマンネリ化しているなど、活用状況に課題を上げる企業もあった。
 今後に予定される大幅な改定(別項参照)を経て、企業側が新しいISOを経営の有効なツールと位置付け、その仕組みを事業活動に充分組み込めるかどうかが注目されている。
 主なゴム企業によるISOへの取組みを紹介する。

ユアサ化成

ISO9001 ISO14001

  • 〒604-0005 京都市中京区丸太町通新町東入玉植町222
  • TEL:075-231-1191 FAX:075-256-4301

岡安ゴム

ISO9001 ISO14001

  • 〒578-0957 東大阪市本庄中2丁目2-30
  • TEL:06-6747-7875 FAX:06-6747-7888

アトライズヨドガワ

ISO9001 ISO14001

  • アトライズヨドガワ
  • 〒564-0053 大阪府吹田市江の木町17番1号7階
  • TEL:06-6337-6250 FAX:06-6337-6241

村岡ゴム工業

ISO9001

  • 〒272-0023 千葉県市川市南八幡4-6-5-1F
  • TEL:047-378-7746 FAX:047-378-7747



2015年ISO改定の概要

共通化・汎用化がポイント

 今年はISO9001、ISO14001とも大きな改定が行われる。ISO9001について、2008年に行われた前回の改定では、主に「ISO14001:2004」との互換性の強化が図られた。今回は新しい構造や新しい品質マネジメントの原則、新しい概念を導入した技術的な改定となる予定で、ISO9001が1987年に規格を発行して以来、最大の改定となる見込みだ。

 改定内容の主なポイントとして、まずISO9001の全ての項目を見直した上で、再構成することが挙げられる。
 品質マネジメントのみならず、環境や労働安全など全てのマネジメントシステムを共通の仕組みにまとめることにより、以下の通りISO14001と共通化した10章構成となる。①適用範囲/②引用規格/③定義(ここまでは従来と同じ)④組織の状況/⑤リーダーシップ/⑥計画/⑦支援/⑧運用/⑨パフォーマンス評価/⑩改善

 また、これまではサービス業など製造業以外の業種ではイメージしにくい項目があり、解釈もあいまいになるなどの課題が指摘されていた。そこで、幅広い業種で利用しやすいよう、汎用性を高めた改定が行われる。
 その他、リスク及び予防処置、外部から提供される製品・サービスの管理などが盛り込まれる。
 今後は、新しい規格内容に企業活動をどう適合させていくか、各企業に様々な工夫が求められることになるだろう。

 なお、改定のスケジュールについては、ISO9001、ISO14001とも2014年に改正のDIS(国際規格原案)が発行された後、各国による3ヵ月間の投票を経て、DISが可決されている。
 その後はISO14001の方が先行する形で進んでおり、2015年2月2日~7日にISO/TC207/SC1/WG5の第9回会合が、東京で開催された。会合ではDISに対して各国が再検討を行い、FDIS(最終国際規格案)を作成。その後、FDISへの2ヵ月間の投票を実施し、早ければ7月には承認されて「ISO14001:2015」を発行する運びとなっている。
 一方、ISO9001も同様のプロセスを経てFDISが発行され、承認されれば9月には「ISO9001:2015」を発行する見込み。
 ただ、ISO9001/ISO14001の両方を取得している企業は多いため、対応のしやすさを考慮して9月に同時発行するという見方もある。

 いずれにせよ、その後は3年間の移行期間を経て2018年には「ISO9001:2008」および「ISO14001:2004」は廃止される予定となっている。

ISO改正スケジュール